手形は売掛よりも取引先への信用度が高く、手形割引による現金化はファクタリングよりも簡単です。

MENU

手形割引とは

 

手形割引は現金化する前の手形をディスカウントして売却することです。
売掛金や小切手と似ていますが、手形による発行は銀行が絡んでいるため売掛よりも取引先への信用度が高く手形割引による現金化は売掛金を買取してもらうファクタリングよりも簡単です。

 

 

そもそも手形とは

ポイントを解説する男性

 

銀行を通じて発行された書面に記載された金額を銀行で換金できるものです。
ここまでは小切手と似ていますが、手形は支払日を決めることができるのに対して小切手は発行後にすぐに換金可能です。(原則翌営業日)

 

つまり、手形は売掛金に近く、小切手は現金に近い特性があります。
なお、小切手は当座に残高が入っていることが条件になることが多く、手形は支払い期日までに銀行へ支払う流れになります。

 

残高不足になると小切手と手形は両方とも換金できません。発行元の支払不備で換金できなくなることを「不渡り」と呼びます。

 

売掛金との違いは、取引先同士で代金を後払いで支払う約束(契約)をする売掛金に対して手形は銀行を介するため、期日に支払いをできないと発行元のリスクが高いため、相手に信用を与えます。
手形の不渡りを2回以上起こすと銀行とは2年間取引できないルールになっています。

 

 

売掛金ではなく手形にするメリット

手形にすることで後払いによる決済の信用を高められます。
発行には若干の手数料はかかりますが、銀行の保証はないため手数料は安く、単価の大きいビジネスでは気にならない範囲です。
新規取引交渉では売掛よりも手形にすることで成約率を高められるので、新規起業する会社には効果的です。

 

仕入れ元など、代金を受け取る場合でも、運転資金の少ないベンチャー企業は手形にすることで回収の確実性を高められます。
運転資金が低いと、取引先の支払い遅延によって他の仕入れが止まったり銀行から借入する必要性や返済に問題が出てしまうリスクがあります。

 

 

手形を受け取る場合は手形割引で資金調達する

 

手形割引は、支払期日前の手形を譲渡するものです。
手形は換金を誰が行っても良いルールで、第三者に譲渡しても発行元とトラブルにはなりません。
売掛金を買取してもらうファクタリングでたとえると、譲渡に売掛先の同意が必要な3社間ではなく、取引先に内緒で資金調達できる2社間に近いです。

 

理想は手形ではなく小切手で発行してもらうことですが、取引先の都合もあるので後払いにしないと了承してもらえないことはビジネスの世界でよくあります。
資金回転率を高めたい場合やリスクを軽減するのであれば、売掛金ではなく手形による取引を活用するとよいでしょう。