金融機関は融資の審査が厳しいだけではなく、融資を受けるまでの手続きが面倒で手間がかかります。

MENU

金融機関から借りる

 

事業資金の調達で最も手堅いのが金融機関からの借り入れです。
銀行や信用金庫などを利用すれば安い金利でまとまった資金の融資を受けられます。
しかし、金融機関は簡単に貸してくれないのが難点です。

 

 

金融機関から借りる事が最も無難

 

資金調達の方法は様々な方法や手段があります。
選択肢が複数ある場合でも、もし金融機関からの借り入れができるのであれば、最優先にして検討するとよいでしょう。
金融機関から借り入れをするメリットは次のものがあります。

 

  • 名が通っている金融機関であれば法外な金利など悪徳業者にひっかかるリスクがない
  • 低金利で無理のない返済計画を立てられる
  • まとまった資金調達がしやすい
  • 金融機関と取引実績ができれば、将来の事業拡大において有利になる
  • 金融機関との取引実績が、顧客への信用や会社のステータスになる

 

大手企業の場合は、ほとんどのケースが資金調達は銀行による融資もしくは増資によって行われています。
増資だとその会社の株の価値が下がる特性があるので、金融機関の融資で対応するのが最も無難な方法と言われています。

 

 

金融機関からお金を借りるのは難しい

 

悩むサラリーマン

 

金融機関は、起業して間もない会社や起業希望者、赤字会社への融資は消極的です。
経営者や起業希望者は銀行から借りる事が良い方法なのを理解した上で、それが難しいから他の方法を探しています。

 

ただし、不利な状況でもしっかりした事業プランと計画書があれば金融機関はこれから起業する方や起業して間もない方でも融資してくれます。

 

金融機関の審査は、マニュアルだけではなく、担当者やその部署の所属長の情が入って決済が出る事もあります。諦めずに情熱を持って資金調達に取り組めば状況を問わず金融機関から融資を受けられる可能性はあるでしょう。

 

ただし、起業したてなど少ない従業員で運営している小さい規模の会社は銀行に納得させるための資料を作っている時間より、目先の仕事を優先する傾向があります。

 

融資の審査が厳しい事だけではなく、融資を受けるまでの手続きが面倒で手間と労力がいる事も、中小企業や起業希望者が金融機関以外に頼ってしまう要因です。