近年需要が拡大したファクタリングの活用などを含めて、様々な資金調達方法をご紹介します。

MENU

 

 

もう雇われの仕事は嫌だ

仕事で大成功をしたい

一度の人生とことんチャレンジしてみたい

 

このような考えで起業を考えている方はいませんか?

ビジネスのチャンスは世の中にありふれていて、すでに社会人経験がある方でしたら、既存のノウハウで起業する事もできます。

 

他にも起業さえしてしまえば、ある程度の売上が見込める手堅い仕事も多数あります。

しかし、起業するにあたって、最大の関門になるのが資金調達です。

開業資金はもちろん、起業後の運転資金の確保など覚えておくと便利な知識が多数あります。

 

当サイトでは、近年需要が拡大したファクタリングの活用などを含めて様々な資金調達方法を紹介しています。

 

ガッツポーズをする男性

 

お金の循環について

 

起業の際に必要な費用は次のものがあります。

 

  • 登記費用および税理士・司法書士等への報酬(会社設立の場合)
  • 資本金(会社設立の場合)
  • 開業費用
  • 仕入れ費用
  • 運営費用
  • ビジネスが軌道に乗るまでの生活費(ある程度の貯金)

 

 

事業形態や起業方法によって初期費用は異なります。
ビジネスモデルについて、初期費用がいくらくらい必要なのかしっかり計画を立てましょう。

 

資金調達方法には次のものがあります。それぞれ別ページで詳しく解説しています。

 

 

  • 金融機関からの融資
  • 出資を受ける
  • クラウドファンディングの活用
  • 補助金・助成金の活用
  • 家族や友人から借りる
  • エンジェル投資家に相談

 

 

家とお金

初期費用や調達方法が決まっても安心はできません。
新規事業を始める場合は、受注、仕入れ、売上が上がるまでのお金のサイクルを確認します。
法人などと取引をする場合は、仕事を受けても月末締めの翌月払いもしくは翌々月払いになる場合もあります。

 

起業当初は多くの方が自転車操業になりますが、いくら貯金などの予備資金があっても、手元にお金が入らなくて出費がかさむとストレスになるものです。
あらかじめ、お金の循環の流れについてもシュミレーションしておきましょう。

 

 

 

新規事業者に人気のファクタリング

 

仕事の受注やサービスの提供をしたにも関わらず、支払いが後日になって手元に入っていないお金を売掛金と呼びます。

 

売掛金は仕事が軌道に乗ればそれほど気になりませんが、起業直後や仕入れが大きいビジネスの場合は大きな負担になります。

 

そこで近年人気が高まっているサービスがファクタリングです。

 

ファクタリングとは、売掛債権買取サービスの事で、売掛金が発生したら、支払い日を待たずにファクタリング業者がその売掛金を買い取ってくれるサービスです。
これにより、お金の循環がスピーディーで早期生活の安定や、資金不足による仕事の取りこぼしリスクを大幅に減らせます。

 

 

 

闇金業者は利用しない

 

資金不足で困った時に闇金業者が違法な金利での貸付や法外に安い価格で債権買取を利用してしまい、大きなトラブルに発展するケースがあります。

 

起業間もないと信用力がなく、銀行や大手消費者金融からは簡単に融資を受けられません。

 

闇金業者は、誰でも簡単に融資を行ってくれますが、あっという間に元金の数倍の利息が発生する事もあり、債権を売ると取引先とトラブルが起こる場合もあります。

 

クレジットカード

 

ファクタリングは名前を聞くと怪しい資金調達方法だと勘違いする方もいますが、主に大手銀行やノンバンクなど信用のある金融機関が行っています。

 

売掛金があれば起業間もない事業主や経営者でも利用できる可能性があります。
銀行は耳を貸してくれないと決め付けて敬遠するのではなく、ファクタリングなども含めて相談してみるとよいでしょう。

 

ファクタリングはその場で資金調達できるだけではなく、与信が少ない段階で銀行と取引実績が作れるので、その後は銀行との信頼関係ができて将来の融資が受けやすくなるメリットもあります。

 

このように、起業する場合は、様々な資金調達方法を覚えて、状況によって適切な対処を取り、闇金業者などその後の経営に不利になる取引をしないよう事が大切です。